https://xn--m9jp4402bdtwxkd8n0a.jp

春菊の育て方(菊菜の育て方)

更新日:

レスポンシブットップ

基本情報

  • 種類:シュンギク
  • 科目:キク科
  • 適正土壌酸度:ph6.0~7.0
  • 連作障害:あり 1年から2年
  • 栽培難易度:☆

シュンギク(春菊)は、関西では菊菜と呼ばれることもあります。春菊は香りのよいハーブ野菜で、独特の香りと風味で鍋ものやあえものなどになくてはならない野菜の一つです。地中海沿岸地方原産で、日本や中国などアジア諸国では食用の野菜として栽培されますが、美しい花が咲くことから主に、ヨーロッパでは観賞用として利用されています。春菊は、病害虫に強く冷涼な気候を好み、大変育てやすい野菜の一つです。

春菊は、病害虫が少なく作りやすいキク科の野菜でアブラナ科の野菜に発生する害虫を防ぐ効果があるため、コンパニオンプランツとして白菜やキャベツ、大根などの近くで一緒に育てると効果的です。

概要

  • 科名属名:キク科
  • 原産地:地中海沿岸
  • 分類:耐寒性の一年草
  • 日照条件:日なた
  • 栽培方法:真冬はトンネル栽培
  • 生育適温:15~20℃
  • 水やり:乾燥が激しいときはたっぷり水やり
  • 特徴:脇芽を収穫する場合と株ごと収穫する場合とがある。花が咲く頃には固くなるため、花が咲く前に収穫してしまう。
  • 樹高:草丈(10~20㎝)
  • 種まき期:3月~4月 9月~10月ごろ
  • 植え付け:4月
  • 収穫期 6月  10月下旬~翌1月ごろまで脇芽を収穫
  • 植えつけから収穫までの期間 春蒔きでタネまきから80日。夏まきで60日くらい。

春菊の品種

春菊には、20cmmほどに成長した先端を摘芯して脇芽を順次収穫していく株立の品種と、地際から出てくる側茎をのばして株ごと収穫する、株張りの品種があります。葉の形も切れ込みの大きさが違ういくつかの品種が各社から発売されています。

春菊の育て方 栽培のコツ

栽培期間や適正気温

春菊の栽培期間は短期間でよく育ち、品種や季節によりますが通常種まきから60日前後で収穫できます。冷涼な気候を好み、年に2回栽培できる、春まきと秋まきで冬越しさせて育てる野菜で、生育の適温は15℃~20℃前後、発芽適温は15℃~20℃前後です。

連作障害

キク科の野菜です。レタスやサンチュなどのキク科の栽培後は、1年から2年はあけましょう。

 

栽培スケジュール

 

畑の準備

土つくり

  • 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。適正土壌pHは6.5~7.0と高めです。
  • さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。堆肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。
  • 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。

畝立て

  • 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。
  • マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。

栽培管理

種まき、植え付けと株間

  • 種まきは畑に条間20cm~30cmで播き溝を作り、種が均等になるように条播きします。発芽率は若干悪いので少し多めにまきましょう。種まきの後、軽く薄めに土をかけしっかり鎮圧しておきます。
  • たっぷり水をやり乾燥しないように気を付けてください。
  • 春まきの場合、ポット播きして苗を植え付けることもできます。
  • 苗を植え付ける場合、本葉4枚から5枚ぐらいの時に株間15cmくらいで畑に定植します。
  • 条播きした場合は、段階的に間引きを行い株間15cmくらいで1本立させます。
  • 成長すると20cmを超えるぐらいになります。
  • 深めのプランターでも栽培しやすい野菜です。

摘芯

株立ちの品種の場合、草丈が15cmから20cmくらいに成長したら葉を4枚から5枚を残して先端を摘心します。摘心で従枝の成長が止まり、脇芽が次から次へと延びてきますので、それを順次収穫していきます。

トンネル

  • 害虫から守るためにネットや不織布でトンネルを作っておくと、冷間対策や鳥よけ害虫対策にもなります。特にヒヨドリの被害には気を付けてください。

追肥

本葉が伸び始めると、肥料切れしないように随時条間に追肥してください。栽培初期には除草もかねて軽く土寄せしておくとすくすく育ちます。その後は生育を見ながら2週間くらいおきに条間に施肥します。

収穫

  • 株立ちの品種は、トウ立ちした主茎を切り取り、そのあと伸びてくる脇芽を順に収穫していきます。
  • 蕾が開花しないうちに収穫してください。
  • 株張りの品種の場合は地際から側枝が次々と延びてきますので、株が15cmから20cmくらいになったら根から抜き取ります。

コンパニオンプランツ

〇 混植に適している植物 good

野菜類

アブラナ科の植物(虫よけ)
  • チンゲン菜
  • 小松菜
  • 白菜
  • キャベツ
  • 大根
  • カブなど

花類 ハーブ類

  • マリーゴールド(虫よけ)
  • サルビア(虫よけ)
  • カモミール(虫よけ 野菜を元気にする)
  • ミント(虫よけ)など
  • バジル類(連作障害を避ける)

〇 前作に植えるとよい植物 good

  • トウモロコシ
  • マリーゴールドなど

レンダリング大

レンダリング大



おすすめ記事一覧

1

トマトのプランター栽培|ミニトマトと大玉トマトの栽培記2018 トマトのプランター栽培⓵|ミニトマトと大玉トマトの苗を植え付けました 2018年5月15日(火) 今日からトマトのプランター栽培に挑戦し ...

2

土壌酸度計を初めて買って分かったこと 何年も酸度計の存在は知っていましたが今回初めて買いました。使った感想や実感したことをまとめました。 スナッエンドウとニンニクの混植は? 通常混植してはいけないとさ ...

3

せっかくおいしい野菜ができたのでその調理法をまとめておきたいと思います。 梅酒のつくり方 自家製梅酒のつくり方を簡単にまとめました。毎年6月にスーパーなどに並ぶ梅を使っておいしい梅酒を作りましょう。 ...

4

庭木の育て方 平戸ツツジ 皐月(さつき) 沈丁花(じんちょうげ) 山茶花(さざんか) 紅葉 霧島躑躅(つつじ) 紫陽花(あじさい) 南天 柊(ひいらぎ) 小手毬(こでまり) 久留米ツツジ 花梅 どうだ ...

-10月に植える野菜, 3月に植える野菜, 4月に植え付ける野菜, 5月に植え付ける野菜, 8月に植える野菜, 9月に植える野菜, キク科の野菜, プランター栽培

Copyright© わたしの野菜育て方図鑑 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.