https://xn--m9jp4402bdtwxkd8n0a.jp

5月に植える野菜

更新日:

レスポンシブットップ

5月に植える野菜|夏野菜の季節到来!5月に種まきや定植する野菜



5月になると気温もほぼほぼ安定してきて、5月前半は夏野菜の植え付け全盛期になります。ナス科の人気野菜であるトマトやナス、キュウリ、スイカなどのウリ科の野菜やオクラ、豆類などの植え付けもこの時期が最適でしょう。アブラナ科の夏植え苗は、防虫ネットによるトンネル栽培などが有効です。気温上昇と同時に害虫も増えてきますので防虫対策も必要ですし、5月に入ってもここ数年の異常気象で突然関東地方でもヒョウが降ってきたりもしました(令和元年5月の例)。植え付けはあわてなくてもいいので気温が十分上がってきてからでも大丈夫です。私はだいたいゴールデンウイーク明けごろから苗を準備して少しずつ植え付けていきます。

5月に植えるおすすめ野菜の一覧とその育て方や注意するポイントなどのは?

5月に植え付ける野菜は実にたくさんあります。胡瓜やスイカに代表されるウリ科の野菜やナスやトマト、ピーマンや獅子唐のどの唐辛子類を含むナス科の野菜のほかに枝豆や落花生などのマメ科の野菜やイネ科のトウモロコシなどがその代表です。様々な種類の野菜が育てられる楽しい季節ですが、ナス科やマメ科の野菜のように連作障害が発生しやすい野菜もたくさんあるので連作には特に注意が必要です。家庭菜園や週末菜園では畑のスペースが限られているので、病気のも強い接木の苗を購入することで輪作がしやすくなるでしょう。五月に植えるおすすめ野菜の育て方や注意するポイントを簡単にまとめておきますので参考にしていただき、よろしければブックマークなどにこのページを登録しておいて必要な時にご覧いただけると嬉しいです。

5月に植えるイネ科の野菜|トウモロコシは輪作するのによい野菜です

トウモロコシ

5月に植え付ける野菜|トウモロコシは種からでも簡単に栽培できます

トウモロコシ

トウモロコシはイネ科の代表的な夏野菜です。株間は25㎝~30cmくらいと短めで密集させて育てるのがポイントです。畳一畳ほどのスペースで12本から16本ほど植え付けることができます。

トウモロコシの種発芽

苗を買ってもいいのですが種からでも簡単に育てることができる野菜です。トウモロコシはどうしてもウリ科やナス科の野菜に偏りやすい夏野菜の中にあって唯一といっていいイネ科の野菜で輪作の中に入れておくと大変便利です。栽培した後の茎葉は適当に刻んで土に混ぜ込んでおくと良いでしょう。トウモロコシは1本の苗から1本の実しかとらないのが通常なのでたくさんの収穫は望めません。詳しい育て方は下記の記事に記載していますのでご覧ください。

5月に植える野菜|トウモロコシのくわしい育て方

トウモロコシの育て方

5月に植えるウリ科の野菜|キュウリやスイカ、かぼちゃやズッキーニ、メロンなどのウリ科野菜は育て方がそれぞれ違います

キュウリやスイカ、カボチャなどに代表されるウリ科の野菜は夏野菜の代表的存在の一つです。ウリ科野菜の連作障害は、野菜の種類によって様々でカボチャやズッキーニは比較的連作障害が出にくいとされていますが、キュウリやスイカは連作できません。

特にスイカやメロンの度は連作障害が出やすく、スイカなどは最低5年ほどあけて植え付けなくてはなりません。スイカは通常カボチャなどの台木を使った接木苗で育てるのが無難です。育て方は同じウリ科でも受粉が必要であったりなかったり、摘芯の仕方もまちまちです。

5月に植える野菜|スイカは接木苗がおすすめです

スイカの場合、最大のポイントは連作に弱いことかもしれません。小玉スイカも大玉スイカも連作障害が出やすい野菜なので接木苗を購入するほうがよいでしょう。

スイカには大玉小玉、ラグビーボール型や皮の色が黒い黒玉スイカ、実の色が黄色いスイカなど、いくつかの種類がありますが育て方はだいたい同じです。仕小玉スイカの場合仕立て方や育てる実の数が若干違うのですが全体的な要領は同じです。

スイカ

スイカの栽培には広いスペースが必要になりますが、小玉スイカなどは立体栽培で比較的狭いスペースでも栽培できるので家庭菜園では有効です。詳しい育て方は下記の栽培ページからご覧ください。

5月に植える野菜|小玉スイカのくわしい育て方

家庭菜園や週末菜園などの限られたスペースで栽培するには小玉スイカがおすすめです。栽培期間も大玉好き化に比べて若干短く比較的栽培は容易です。詳しく栽培の特徴をかいた記事があるので参照してください。

小玉スイカの育て方🍉

5月に植える野菜|大玉スイカのくわしい育て方

大玉スイカの栽培は家庭菜園の醍醐味の一つではないでしょうか?結構手間がかかるので大キク立派な実が収穫できた時の喜びもや大きく、栽培中の期待も大きいのですが、意外と難しいのが収穫のタイミングです。通常は受粉した日を記載しておいて、そこから、、、、、、、

スイカ(大玉スイカ)の育て方(西瓜の育て方)🍉

5月に植える野菜|メロンの栽培!むずかしですか?

夏野菜の中でも栽培が最も困難な野菜のひとつではないでしょか?低温にも弱く雨などにあたるのも嫌うので保護してやらなければいけません。

メロンの育て方

受粉も必要で管理が難しい野菜ですが一度挑戦してみてください。詳しいメロンの育て方は下記の過去記事からご覧ください。

5月に植える野菜|メロンのくわしい育て方

網目が皮にあるメロンの栽培はとにかく難しいようですが、、、、

メロンの育て方🍈

5月に植える野菜|ゴーヤで緑のカーテンを作ることもできますが、、、、、

ゴーヤの育て方

ウリ科の中でも特に栽培が容易な野菜なので気軽に栽培していただける野菜がゴーヤです。とにかく繁殖力が強くてつるがどんどん伸びていくのでグリーンカーテンなどを作るのも簡単です。

受粉なども特に必要ないので放任しても結構収穫できるのも魅力の一つですが、収穫が遅れると中身が赤く熟れてしまって食べることができなくなるので注意が必要です。案外収穫時期が難しい野菜です。詳しくは下記のページからご覧ください。

5月に植える野菜|ゴーヤのくわしい育て方

ゴーヤの育て方(苦瓜の育て方)

5月に植える野菜|かぼちゃには西洋南瓜と日本カボチャがある

かぼちゃには大きく分けて日本カボチャと西洋南瓜の2種があり、それぞれ仕立て方が違います。坊ちゃんかぼちゃのような小玉のかぼちゃの場合と大玉のかぼちゃの栽培の違いは育てる実の数で、そのほかの育て方や仕立て方はだいたい同じです。

坊ちゃんかぼちゃの栽培

雌花と雄花があり、雌花が子ずるにつきやすいか孫ずるに付きやすいかの違いが大きな違いで、それによって仕立て方が変わってきます。坊ちゃんかぼちゃは多収穫で立体栽培もできるので家庭栽培に適している品種です。詳しくはそれぞれの育て方をご覧ください。

5月に植える野菜|ミニかぼちゃの栽培には受粉作業が必要です

ミニかぼちゃの栽培も例外ではなく、かぼちゃの栽培では一般的に受粉と摘果の作業が必要です。1本の苗から収穫する量は、、、、、、、、

ミニカボチャの育て方(南瓜の育て方)坊ちゃんかぼちゃ

5月に植える野菜|西洋南瓜のくわしい育て方

かぼちゃの育て方(西洋南瓜の育て方)

5月に植える野菜|日本カボチャのくわしい育て方

日本かぼちゃの育て方(日本南瓜の育て方)

5月に植える野菜|ズッキーニはかぼちゃの一品種ですか?

ズッキーニはつるなしかぼちゃとも呼ばれるウリ科の野菜です。そだてかたはつる性でないので、つるの摘心などは必要ありませんが、雌花と雄花の受粉作業が必要なことなどやっぱりかぼちゃに似ています。

畑に植えると驚くほど葉が大きく成長する大変大型の野菜でスペースも必要になります。大型の野菜ですが意外とプランターでもよく育つ野菜で、栽培のポイントは複数本同時に栽培することです。詳しくはズッキーニの育て方の記事を参照してください。

5月に植える野菜|ズッキーニのくわしい育て方

ズッキーニの育て方

5月に植える野菜|キュウリの栽培期間は意外に短い

夏野菜の中の夏野菜、代表的存在のキュウリですが、その栽培期間は意外と短くまた、真夏の高温にもあまり強くありません。初夏に育てて真夏を超えてから秋どりのキュウリを植え付けることも出きるのが特徴です。

キュウリの育て方

注意しなければいけないのが連作や病害虫に弱いことで特にうどんこ病が発生し易いので注意してください。連作や病気に強い接木苗があるので利用するようにしたほうが無難です。植え付けや株間などの詳しい育て方は下記の記事がおすすめです。

5月に植える野菜|キュウリのくわしい育て方

キュウリの育て方(胡瓜の育て方)

5月に植える野菜|ナス科の野菜は夏野菜の王様!ナス科の野菜が主役です!

夏野菜と言ったらなんといってもナス科が一番初めに思い浮かびます。スーパーではキュウリやナスなどを冬場に見かけることもありますがやっぱり旬の野菜が食べたくあまり買う気がしないのは自分だけでしょうか?



夏といえばなんといってもナスやトマトのナス科野菜がおいしい季節です。夏野菜のほとんどが5月~6月に植え付けることが多いのですが、トマトやナスのナス科の野菜もこの時期が植え付け時期で、梅雨入りまでに植え付けるのが普通です。栽培期間(収穫できる期間)が長いのもナス科野菜の特徴の一つで、秋ナスに代表されるように秋まで栽培可能です。同じナス科でもアンデスの高地が原産のトマトとインドの高温地帯が原産の茄子では水やりの方法が全然違います。個人的にはトマトが一番難しいと思いますが、、、、、

5月に植える野菜|意外と手間がかかるトマトの栽培管理は芽かき作業から

トマトの育て方難しいわけではありませんが、簡単でもありません。栽培初期から芽かき作業などの管理が必要で、実がなってからも摘果などの作業も必要です。

トマトの育て方

また急な雨などで実が割れてしまう事も頻繁にあり、雨の降らないカラカラの夏のほうが栽培しやすい野菜です。連作障害があるので病気に強い接木苗を使うのが理想ですが、摘み取った脇芽からも挿し木で簡単に根が出て新しい苗ができるので増やすのは容易です。大中小と様々なサイズと形、赤色からオレンジ黄色、紫いろの品種までいろいろな苗が購入できるのですが育て方はだいたい同じです。詳しい育て方は下記の記事を参照してください。

5月に植える野菜|大玉トマトのくわしい育て方

トマトの育て方

5月に植える野菜|ミニトマトのくわしい育て方

ミニトマトの育て方🍅

5月に植える野菜|ピーマン、パプリカ、鷹の爪、獅子唐や万願寺唐辛子などの唐辛子類の育て方

シシトウに代表される唐辛子類の育て方は簡単で、実が小ぶりなのでプランター栽培にも向いています。初心者に向いている野菜です。また容易に種を取ることもできるので来年もまた栽培を楽しくことができるのも魅力の一つです。

シシトウの種

唐辛子類のには、ピーマンや獅子唐のような甘トウガラシ類と鷹の爪などのような仮辛いトウガラシ類がありますが、栽培はどちらも簡単で育てやすいのが特徴です。

多収穫で栽培も簡単なですが実の中に虫が入って穴だらけになってしまう事がよくあるので防虫対策が必要です。詳しい育て方は下記のページからご覧いただけます。

5月に植える野菜|獅子唐のくわしい育て方

シシトウ(獅子唐)の育て方

5月に植える野菜|万願寺唐辛子のくわしい育て方

万願寺唐辛子の育て方

5月に植える野菜|コリアンレッドのくわしい育て方

韓国赤トウガラシ(コリアンレッド)の育て方

5月に植える野菜|鷹の爪のくわしい育て方

鷹の爪(タカノツメ唐辛子)の育て方

5月に植える野菜|ピーマンのくわしい育て方

ピーマンの育て方

5月に植える野菜|ナスの育て方!うまく剪定しながら育てれば150個収穫することも可能

夏野菜といえばナス!剪定や支柱、多肥を好む野菜なので肥料やりなど管理はそこそこ必要ですが比較的栽培が簡単単で多収穫の野菜です。収穫できる期間も長くうまくやれば穂とつの苗から150個ほど収穫すくこともできるそうです。



150個収穫するにか剪定のコツが必要ですが、普通にやっていても30以上の茄子が1本の苗から簡単に収穫することができます。植え付けから株間、支柱の立て方や仕立て方、追肥の頻度や量などの詳し特長は育て方のページに記載しています。

5月に植える野菜|ナスのくわしい育て方

茄子の育て方

ナスの育て方(茄子の育て方)

5月に植えるサトイモ科の野菜|サトイモやヤツガシラなどの育て方

サトイモやヤツガシラは4月から植え付けることができますが、寒さにあてるとと土中で溶けてしまう事が多いので注意してください。植え付けは十分気温が上がってからが安心です。植え付ける前に十分芽出しをしてから植え付けるのがポイントです。

サトイモの芽出し

サトイモやヤツガシラの子芋は親芋の上に育ってきます。土寄せしながら栽培するのが特徴です。株間や追肥、土寄せなどの詳しい栽培間に関してはヤツガシラとサトイモの育て方ページにそれぞれかいていますのでご覧ください。

5月に植える野菜|サトイモのくわしい育て方

サトイモは親芋が土中で大きく成長してその上に子芋をたくさんつけてくれます。通常は子芋を食べるのですが、ヤツガシラの場合は逆に子芋は来年の種イモとして取っておいて、大きく成長した親芋を食します。

里芋の育て方

5月に植える野菜|芋茎も食べられるのはヤツガシラ

サトイモとヤツガシラはよく似ていますが微妙に違います。私の場合、ヤツガシラが里芋の高級品種のような認識でしょうか?一般的には里芋は子芋を、ヤツガシラは親芋をそれぞれ中心に収穫します。里芋とヤツガシラの違いは親芋と茎の色を見ると一目りょおうぜんで、逆に葉の形や子芋の形は非常によく似ているようです。ヤツガシラの親芋は大きく成長するとまるで八つもの頭を持った塊のようにゴツゴツしており複数の子芋が親芋に引っ付いているような形をしているのが大きな特徴です。

また、サトイモの茎は通常緑色ですがヤツガシラの茎葉赤色で芋茎(ずいき)や芋がらなどと呼ばれて食べることができます。芋茎(ずいき)は独特な食感で、干しておくと長期間保存にも耐える食材なので昔から保存食として利用されてきました。加藤清正が熊本城の畳の芯をヤツガシラの芋茎で作って籠城に備えたことは有名な逸話です。芋茎は乾燥させなくても皮をむいてゆでてあく抜きをするだけでおいしく食べられます。。。。。

八ツ頭の育て方

5月に植える野菜|オクラは数少ないアオイ科の夏野菜

オクラはハイビスカスなどの仲間だけあって大変きれいな大輪の花を咲かせます。

オクラの花

うまく剪定しながら育てると花が終わった後、100%実をならせてくれるので長くたくさんの実を収穫することができます。......

5月に植える野菜|オクラのくわしい育て方、剪定の仕方次第で収穫量が変わる

オクラ栽培!花も楽しめる栄養満点野菜の簡単な育て方

5月に植える野菜|ニンジンやパセリ、セロリなどのセリ科野菜の栽培

ニンジンやパセリなどのセリ科野菜もこの時期に植えつけることができます。コンパニオンプランツとしてパセリなどを植えたり、ナス科やウリ科野菜が多くなってしまいがちな畑の連作障害を避けるためにセリ科を輪作することもできます。

5月に植える野菜|ニンジンの詳しい育て方

ニンジンの育て方

5月に植える野菜|パセリをトマトのコンパニオンプランツとして植え付ける

パセリは食卓を彩る、いわば料理のわき役的存在でしょうか?パセリばかりをバリバリ食べることもあまりないと思います。家庭菜園で栽培する場合ほんの少しあればいいのではないでしょうか???????

パセリは水分を多く吸収してくれるのでトマトのコンパ二オンプランツとして適しています。また、パセリは日当たりがよすぎると硬くなるのですが、背の高いトマトの下で日陰になってよく育ってくれるのでコンパニオンプランツとして適しています。パセリを長期間栽培する詳しい管理法や育て方はパセリの育て方ページをご覧ください。

パセリの育て方

5月に植える野菜|キク科の春菊やレタスも以外に夏に栽培できる?

レタスや春菊はプランター栽培がおすすめです。畑がナス科やウリ科でいっぱいのこの時期、小型の葉物野菜はプランターで育てるのが便利です。

5月に植える野菜|夏の春菊って?

以外に5月に春菊の立てを播くこともできます。春まきの最終期で7月中に収穫してしまうようになります。春菊の旬といえばやっぱり冬場の栽培ですが、この時期の栽培期間は秋まきに比べるとかなり成長も早く短いのが特徴です。気温が上がって成長も早いのですが害虫の発生も盛んになって、正直秋まきのほうが育てやすいのは事実です。。。。

春菊の育て方(菊菜の育て方)

5月に植える野菜|焼肉をサンチュでサンドして食べたい!春まきもおいしく使い道も有りです

葉物野菜は冬場に霜がかかったほうが甘みが出ておいしいとよく言われます。特にホウレンソウや小松菜などは霜がかかったほうがおいしいのは確かです。サンチュはリーフレタスの一品種ですが、よく焼肉などを挟んで食べられているのを見ると思います。焼肉の時にはサンチュがあるとなんかいいですよね。。。。季節など関係なく、、、、、

サンチュの育て方

5月に植える野菜|ヒユ科の野菜ほうれん草の春まきに挑戦!

ほうれん草もこの時期春まきの最終期を迎えます。秋まきの比べて最長は早いのですが害虫の発生に注意必要です。葉物野菜はあまり消毒したくないのが本音なので不織布や虫よけネットの使用は必須です。

5月に植える野菜|霜のない時期ですが手軽にプランターで育てるほうれん草はいかがですか?

ほうれん草は秋まきに比べて栽培期間が短く手軽に育てることができますが、、、、、、やっぱり霜がかからない分、秋まきより味はおちるのでしょうか?

ほうれん草の育て方

5月に植える野菜|アブラナ科の野菜は春蒔きもできますが害虫には注意が必要です



アブラナ科の野菜は冬場に栽培するほうが害虫の心配も少なく霜がかかって甘みを増したり、秋まきのほうがおすすめですが春蒔きして初夏までに収穫することも可能です。アブラナ科の野菜は総じて冷涼な気候を好み真夏の暑さには弱いのが特徴です。春まきは5月ごろが最終期を迎えますが、この時期には害虫がたくさん出きて、葉物野菜がほとんどのアブラナ科の食用部分を食い荒らしていきます。放置しておくと芯だけ残して全て食い尽くされてしまう事もよくあります。栽培には、不織布や防虫ネットでトンネルを作って保護してやらないといけません。

5月に植える野菜|夏にお勧めの葉物野菜チンゲン菜で中華風炒め物

白菜などのアブラナ科の野菜は冬の鍋物などには欠かせない野菜でどうしても冬が旬なイメージが強いのですが、チンゲン菜はこの時期の栽培におすすめです。中華風炒め物などは真夏でも十分おいしく召し上がれますし、他のアブラナ科野菜よりも肉厚で独特な食感がいいのがチンゲン菜の特徴です。プランター栽培には小型の品種がおすすめですよ。。。。

チンゲン菜の育て方

5月に植える野菜|小松菜は真冬以外いつ播いても大丈夫ですが

小松菜は真冬以外いつ播いても発芽して十分育ってくれる便利な野菜ですがどうしても冬場の霜にあたったほうが甘みが増しておいしいとされています。また、春先からは害虫の被害にあうことが多いので対策が必要です。。。気温が栽培にはプランターがおすすめです。

小松菜の育て方

5月に植える野菜|プランターで小型のサラダカブを簡単栽培

カブは種まきから育てます。植え替えには適しておらず必ず種を直接播きましょう。苗を植え替えてしまうと、葉だけが成長して根茎がうまく膨れてくれません。カブはプランター栽培にも適していますが、プランターで栽培するには小型のサラダカブの種をまいたほうが成功しやすく、サラダカブといっても少し置いておくと中には中型のカブが収穫できるものもありますよ。。。。。。

カブの育て方(蕪の育て方)

5月に植える野菜|大根の種まきも最終期です

正直この時期に大根の種まきを考えている方は少ないと思います。家庭菜園や週末菜園などの限ら有れたスペースではこの時期、ナス科やウリ科などの夏野菜でスペースの余裕はないのが普通で、しかもダイコンは通常プランター栽培では育てられない野菜です。大型の袋栽培などで栽培することができますが、大根の葉には意外とアブラム虫が付きやすいのでこの時期の栽培には手入れが大変です。。。。。

大根の育て方① 特徴と栽培のコツ

5月に植える野菜|シソ科の野菜は香味野菜として重宝します

青じそやアカジソに代表されるシソ科の野菜はこの時期が植え付け種まきの全盛期です。夏場のあっさりした料理には欠かせない逸品ですがスーパーなどで出は少量の割に高値が付けられているケースが多いようです。。。

5月に植える野菜|青じそと大葉の違い?

青色の紫蘇を総じて青じそと呼びますが、その大きな葉から大葉と呼ばれる場合があります。青じそと大葉は一般的に同じものです。青じそもアカジソもバジルなども主に葉を食する野菜です。きれいな大きな葉を収穫したいところですが、この葉を食い荒らす害虫が発生し易いのが難点でいかに害虫から葉を守るかがポイントになってきます。放置しておくと虫食いだらけの大葉しか取れませんので気を付けてください。できるだけきれいな葉を収穫したいものですが、、、、

青じそはプランターでも簡単に栽培することができるし、ナス科の植物のコンパニオンプランツとしても優秀です。。。また、庭の隅などに一度植え付けておくとこぼれ種から発芽して種播きせずに毎年収穫することもできる優れものです。詳しい育て方は下のリンクかrあ育て方のページをご覧ください。

青紫蘇の育て方!食卓にあったら嬉しい大葉をプランターで簡単栽培

5月に植える野菜|アカジソでジュースを作ったり梅干しを漬けたりする?

アカジソも基本的な育て方青じそとあまり変わりませんが、、、、、、

赤紫蘇の育て方!種まき時期や水やりなどの栽培管理やスケジュールは?

5月に植える野菜|バジルもシソ科のハーブです

バジルはシソ科に属するハーブの一種です。栽培管理の方法は青じそに似ています。バジルは挿し木などから簡単に増やすことが出き育てやすい野菜の一つですが、最大の難関はいかに害虫から守りきれいな葉を収穫するかではないでしょうか。バジルも大葉同様、放置しておくと穴だらけで、まともなきれいな葉を収穫することが難しいので注意しましょう。葉を食べる野菜で消毒もあまりしたくはないと思いますので、苗の草丈が低いうちは虫よけネットで覆って、早期の収穫を心がけることが大切です。。。。

バジルの育て方

5月に植える野菜|マメ科野菜は連作障害に気を付けてください

夏野菜には連作障害を発症しやすい野菜が多く、例えばナス科の茄子は5年~6年、ウリ科のスイカは5年くらいあけないといけません。招かの野菜も連作障害を発生し易い野菜で、最低5年くらいあけて栽培することがポイントの一つです。

五月に植える野菜|ササゲの育て方

ささげの育て方

ヒルガオ科の野菜

甘いサツマイモの育て方|植え付け方法、元肥、追肥、水やり、つる返しなどの栽培管理から収穫の仕方と貯蔵法など

 

 

 

 

 

レンダリング大

レンダリング大



おすすめ記事一覧

1

トマトのプランター栽培|ミニトマトと大玉トマトの栽培記2018 トマトのプランター栽培⓵|ミニトマトと大玉トマトの苗を植え付けました 2018年5月15日(火) 今日からトマトのプランター栽培に挑戦し ...

2

土壌酸度計を初めて買って分かったこと 何年も酸度計の存在は知っていましたが今回初めて買いました。使った感想や実感したことをまとめました。 スナッエンドウとニンニクの混植は? 通常混植してはいけないとさ ...

3

せっかくおいしい野菜ができたのでその調理法をまとめておきたいと思います。 梅酒のつくり方 自家製梅酒のつくり方を簡単にまとめました。毎年6月にスーパーなどに並ぶ梅を使っておいしい梅酒を作りましょう。 ...

4

庭木の育て方 平戸ツツジ 皐月(さつき) 沈丁花(じんちょうげ) 山茶花(さざんか) 紅葉 霧島躑躅(つつじ) 紫陽花(あじさい) 南天 柊(ひいらぎ) 小手毬(こでまり) 久留米ツツジ 花梅 どうだ ...

-blog

Copyright© わたしの野菜育て方図鑑 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.